過剰な生理反応の1例

女性

人間にとって正常な生理反応である発汗も、度が過ぎると多汗症と呼ばれる症状となります。主に何らかの異常の副産物として生じる続発性と、異常が無いのに発汗が止まらないタイプとがあるため、早期受診による原因特定が肝心です。治療方針には軽い状態に対処する投薬などの療法や、酷い状態に対処する外科手術があります。またボトックス注射などで解決する方法もあります。

肌の老化に対して

鏡を持つ女の人

顔の印象を決めてしまうしみを除去する施術は、大阪においても様々な医院において行われています。大阪のしみ治療は効率化が進められていて、面談などにおいて詳細な治療計画が作られているので、施術に関して心配の必要はないです。

お肌の仕組みを理解する

微笑むウーマン

お肌は3層が重なり合い、それぞれの層の機能低下がしわを発生させます。健康で若々しいお肌を保つ為には、外と内からアプローチをし、機能向上を図ります。紫外線からお肌を守る対策も万全にし、潤いあるお肌を保ちましょう。

切らずにわきがを改善する

脇

体への負担が少ない

わきがは、わき部分から強烈な臭いを発する症状で、アポクリン汗腺から出る汗が原因となっています。この汗が皮脂や垢と混ざり、常在菌が分解するときに臭いを発します。半永久的な改善を得たいなら、アポクリン汗腺を除去する手術が有効です。しかしながら、皮膚を切開する方法は高い効果が期待できるものの、体への負担や傷跡が残るリスクが高いです。そこで近年人気があるわきが治療が、ボトックス注射とミラドライです。どちらも切らずにできるわきが治療です。ボトックス注射は、汗を出す筋肉に作用し、汗の分泌を抑制します。そのことでわきがの原因を食い止めるというわけです。ミラドライは、皮膚を切開せずにマイクロ波によってアポクリン汗腺を破壊できる機器です。

持続効果と施術経過

ボトックス注射によるわきが治療は、わきがの症状が軽度から中度程度の人に向いています。持続効果は半年程度といわれていますが、再施術を繰り返していくことで、持続期間が徐々に長くなります。ミラドライは、切開施術と同じように半永久的な効果が得られるとされています。わきがの原因となるアポクリン汗腺だけでなく、汗を分泌させるエクリン汗腺も破壊するので、多汗症で悩む人にもおすすめです。施術後の経過としては、ダウンタイムはほとんどありません。麻酔が切れると痛みが出ることはありますが、痛み止めが処方されます。また、腫れが残ることがありますが、徐々におさまってきます。どのわきが治療を受けるにしても、効果や施術後の経過、起こりうる事例をしっかりと確認しておきましょう。